ゴールデンエイジとは、「生涯で最も運動能力が向上する時期のこと」を指します。一般的には3〜15歳と言われ、この時期の過ごし方で一生の運動能力が決まると言っても過言ではありません。




この図は「スキャモンの発育曲線」といって、人間の運動神経の発達を年齢ごとにグラフ化したものです。運動神経の成長は、5歳のころまでに80%、12歳時にほぼ100%に到達します。この12歳になる直前の数年間、小学校高学年の時期は別名『生物学的臨界期』と呼ばれ、神経系の発達の著しい年代で、様々な神経回路が形成されていく大切な過程となります。この時期に、段階に合わせてスポーツ指導していくことで効率的に運動能力をアップさせることができます。

ゴールデンエイジは子どもの成長に合わせて3段階にわけられます。
3〜8歳の間は神経系の発達が著しい年代であり、様々な神経回路が形成されます。そして、神経経路は一度できると消えることは滅多にありません。何年も乗っていないのに、自転車や車の運転を体が覚えているのはそのためです。

神経が発達し、約80%に達するまでの3〜8歳までの間に神経回路へ刺激を与え、いろいろな運動をさせることは運動能力の向上に大きく役立ちます。スポーツを子どもに習い始めさせる最適の時期といえます。

この時期の子どもたちは、集中力が長続きせず、常に新しいものに興味が移っていくといった特徴をもっています。これは、神経回路にさまざまな刺激を与え、その回路をさらに張りめぐらせ、神経系の配線をより多様に形成していこうとする、自然な欲求の現われなのです。彼らは、集中力がないのではありません。非常に高い集中力を持ちながらも、常に多種多様な刺激を身体が求めているのです。



次に訪れるゴールデンエイジを生かすも殺すも、この時期次第といってよいでしょう。この時期は多種多様なさまざまな動きを経験させることが大切です。スポーツの基礎づくりが多面的であればあるほど、後に専門的なスポーツを行った時に覚えるのがはやいと言われています。

この時期に 室内ゲームばかりして体を使って遊ばないと、せっかくの才能を眠らせたままにしてしまいます。現代の子どもたちが昔に比べて運動能力が下がっているといわれる所以です。
神経の発達がほぼ100%になるため、動きの習得に最も適した時期といえます。

この時期になると、心身の発達が調和し、動作習得に最も有利な時期とされています。集中力が高まり運動学習能力が向上し、大人でも難しい難易度の高い動作も見ただけで即座に覚えることができます。

ただし、プレゴールデンエイジできちんと基礎的な動きができるのが前提ですのでご注意ください。走ったり、跳んだり、投げたり、捕ったりなどの基礎的運動を十分に体験して、そこから身体を操作するコツのようなものを習得した子供でないとこの能力は十分に発揮できないのです。ここがポイントです。

将来アスリートを目指すのであればこの時期から特定のスポーツ練習に集中するとよいでしょう。プロのような高度なテクニックもこの時期に習得します。この時期に習得した技術は、大人になってもずっと身についていると言われるだけに積極的に取り組ませてください。



反対に筋肉は未発達なため、パワーやスピードに関しては要求できません。 筋トレの要素よりは、テクニックの面を重視してください。
神経系が成熟し発達が止まってしまう時期です。

筋肉、骨格が発達するこの時期は、パワーやスピードが身についてきます。 ゴールデンエイジで身につけたテクニックを実践で生かすパワーとスピードが養われるのです。

新たな技術の習得には不向きで、今までできていた技術も一時的にできなくなることがあります。どちらかというと戦術を身につけたり、頭を使って上達していく時期になります。

「自らの課題を発見し、克服していく」 という、より質の高い練習が求められます。



年齢に関しては、子供によってプラスマイナス3歳の個人差があると言われています。 大切なのは、指導者が『子供が今どの段階にあるのか?』を理解し、その段階に合わせた指導をしてあげることなのです。
  • Facebook
  • Youtube
  • Instagram