安心サポート

使用上の注意

■アクセルバットは、フルスウィングでボールを打つ練習には向きません。
ボールを面で乗せて打つ感覚や手首の返しを矯正するトレーニングバットです。



商品動画

商品紹介

ヘッドとグリップの間がしなるので、よりヘッドの走りを感じることができます。
さらにグリップを40cmにすることで、両手の間隔を開けて使用し、操作性UP !
勝手にヘッドが走ることにより、力まずとも自分の理想の打球が打てるようになります。
引っ掛けた打球が多い選手は、両手の間隔を開けることにより手首の返しを矯正できるので、引っ掛けたゴロを減らしてセンター返しが出来るようになります。

サイズ

お悩み

ポイント

バットの比較

比較

開発秘話

開発秘話

通常のティー打撃で、打点で止めて打つ“止め打ち”は、学生時代の時から、無駄な動きを省くために取り組んできました。遠くに飛ばそうとするときにどうしても力んでしまい、自分のスウィングを崩してしまいがち。調子が崩れてきたときは、テイクバック〜ボールが当たるポイントまでの過程を意識した練習が最適です!
また、無駄を省きつつ、当たる瞬間にどうすればヘッドが最大限に走る(加速する)のかを意識出来ればと思い、“しなり”も採用しました。
バッティングの調子が悪くなり、力みがちの選手に是非届けたいトレーニングギアです!

関連商品

ミートポイントボール インドアバッティングマシン

スピードシャトルマシン

使用上の注意

グラスファイバー部分にボールが当たってしまうと、破損する可能性がございます。

商品詳細

サイズ 長さ約83cm
重量 約450g
材質 PU
生産国 中国
KENJA 
GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社フィールドフォース 吉村尚記
  • Facebook
  • Youtube
  • Instagram