ステージ2エボリューション

【〇〇〇円!?】たったこれだけでお子様が守備職人に!?

931 views

フィールドフォースと言えば?

フィールドフォースロゴ
フィールドフォースロゴマーク

野球練習用品!室内練習場!

そのように認知してくださっている方がどれだけいるのでしょう。
認知してくれているだけでもとても嬉しいです!
ただそれだけで満足はしていません。
なかなか紹介はできていませんが、フィールドフォースはアイデア商品の他にグラブももう一つの軸として販売をしています。
このグラブももっと認知していただきたい!

そう思い、フィールドフォースが出す「ステージ2エボリューション」についてご紹介させていただきます!

至高の一品
ステージ2エボリューション

このグラブは野球を始め、これからチームに所属する、している選手にオススメのグラブです。
なぜオススメなのか、これが大事ですよね!

世の中には数多くのグラブが存在しており、どれを選んでよいのか分からない…
という親御さんのお悩みが聞こえてきます。
そんな中で「グラブを選ぶうえで一番大切にしていること」の調査を行ったところ、100人中50人以上はグラブをはめた感触で選んでおり、最も多い回答となりました。

“ステージ2エボリューション”はこのはめた瞬間の感触にこだわり、開発をしました。
多くの学童球児のフィーリングに合う感触を求めたからこそ、オススメできる逸品なのです。

photo
がっちりキープ~捕感~

その感触を高めるために備えられた機能/仕様をご紹介します!

「独自開発“ヴァッカ”」
通常グラブの多くは牛の革から作られています。
しかし、その牛の性別まで考えてみたことはありますか?
なかなかないですよね…
実はそのほとんどにオスの牛の革が使用されています。
オスの牛の革は硬さとハリがあり、グラブ作りに適していると考えられているからです。

ただ学童球児が使用するグラブに必要な要素は何でしょう?
・弱い力でも握りこめる柔らかさ
・ボールの勢いを吸収する弾力性
・手にはめた感触の良さ
以上のことから、使用する革に適しているのが実はメスの牛の革だという答えに行きつきました。

photo
メス牛の革を使用

メスの牛の革は使用する前から柔らかさがあり、表面に弾力もあり、
手を包み込むような感触を持ち合わせています。
このメスの牛を使用した革に“ヴァッカ”と名付け、このステージ2エボリューションに採用しました。
“ヴァッカ”はイタリア語で牝牛(メスの牛)という意味を持ちます。
革産業(特にカバン)が盛んなイタリアから由来しています。

「バンドルフィット」
グラブは何本ものレース(紐)を通すことで捕球できる形となります。
お手持ちのグラブを見ていただくと分かりますが、グラブをはめた状態で手首上の左部分もレースが通っていると思います。
ここに関節を設けることでグラブが曲がりやすくなっています。

しかし、ステージ2エボリューションの場合は手首上の右部分にレースを通しています。

握力が少なく、親指をうまく使うことのできない学童球児にとっては小指側で止めるよりも親指側で止めることでグラブを閉じやすくなることが分かったからです。

親指が独立した動きをすることが親指をうまく使うことのできない子どものグラブの使用方法にマッチします。

また、親指側で止めることによって捕球した際の手首のストレスを解消することも分かっています。通常のグラブでは手首が痛いという場合も、ステージ2エボリューションを使用することで解消されることもあります。

photo
グラブの操作性がアップ

この仕様をバンドルフィットと言います。
バンドルフィットが採用されていることにより、手にはめた瞬間の感触を高めることができています。

「スリットライン」
グラブでボールを掴むという動作は手を握るような動作をすると思いますが、手を握ると人間の手の平はどのようになるでしょうか?
折れ曲がる部分に多くのシワが寄るはずです!
このシワが寄らなかったら皮膚が詰まりはしないでしょうか?
皮膚が詰まるということは手を握りこむ動作はしづらくなり、より力が必要になるはずです。

フィールドフォースはこのシワの役割をする部分がグラブにも必要と考えました。
グラブに切り込みを入れ、革の代わりにメッシュ素材を入れることでそれに成功しました。

photo
切り込み部分を入れることで柔軟性が飛躍的に向上

この部分に「スリットライン」と名付け、このステージ2エボリューションに採用しました。

以上3つが大きな特徴です!
ただ今までのグラブと違うことは分かっていただけたと思いますが、大事なのは価格ですよね…
このグラブ、8,900円+税なんです!!
グラブ全てに天然の革を使用してこの価格はかなり安く、同価格帯のグラブに比べて手にはめた際のしっかり感、どっしり感がまるで違います。

全てに天然の革を使用することでこのどっしり感が生まれ、軟式ボールの吸い付きも生まれます。
人工の革を使用した安いグラブももちろん野球導入には必要ですが、野球を始め、これからチームに所属する、している選手にはプレーに差が出てきますので、このクラスのグラブを使用していただきたいと願っております!

このグラブを使用することでお子さんが守備職人と呼ばれる日が来るのも、きっと遠くありません!
それくらいの自信をもって世に送り出しているグラブです!

photo
学童球児のために開発した至高の一品

このグラブ、気になった方は是非公式サイトにてチェックしてみてください!

https://www.fieldforce-ec.jp/?pid=119643047

返信する*がついているフォームは必須項目になります。)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*

メールアドレス*

ウェブサイト

CAPTCHA