先行予約受付中
商品の発売/発送は、5月上旬(予定)となります。


商品特徴

自分の限界を目指して!スウィングスピードを簡単計測!

バットのテーパー部分に取り付けるだけで、気軽に自分のスウィングスピードを計測することができます。スウィングした回数をカウントする機能なども搭載。単調な素振り練習も、高い意識を持った練習にすることができます。


スウィングスピードメーターは消しゴムほどの大きさで、約35gの超軽量サイズ。
バットに取り付けても、重さを気にすることなくスウィングできます。

●取付状態で実際にボールを打つこともできます!●
※本体にボールが当たらないようご注意ください




【MODE】ボタンでモードを選択後、【UP/START】ボタンを押すことでモードが確定します。



※バットを立てると「ピピッ」という音が鳴り、計測が可能になります。




スウィングスピードメーターの動作原理

加速度センサーは、力のかかる方向や大きさを電気的にとらえるもので様々な製品・分野で活用されています。 代表的には次のような例があります。

・車のエアバッグ (衝撃を検知してエアバッグを作動させる)
・スマートフォン (向きを検知して画面を回転させる)
・ゲーム機 (コントローラの動きに画面を追従させる)
・ドローン (水平を保ち飛行を安定させる)
・歩数計 (歩行時の衝撃で歩数をカウントする)



スウィングスピードメーター(FSM-600D)は、高精度加速度センサーを内蔵し、バットスウィングの際に発生する遠心力を測定。デジタル処理をすることでスウィングスピードに換算しています。


レーダー式測定器の弱点を克服

スウィングスピードメーター(FSM-600D)では加速度センサーの使用により、
従来の電波によるレーダー式スピードメーターの弱点を克服しています。

その他の機能


電源をONにした後、操作しない状態が10分以上続いた場合は自動的に電源がOFFになります。



■スイッチ操作時 (ピッ)

■モード3でカウントダウンが0になった時 (ピーピーピー)

■その日の最高値を更新した時(ピッピッピッピッ)

■これまでの最高値を更新した時(ピーーーピッピッピッ)

メディア掲載

【 ↓クリックで拡大 】

使用上の注意

商品詳細

品番 FSM-600D
サイズ 幅:約3.5cm×長さ:約7.5cm×厚さ:約2cm
材質 ABS
重量 約35g (電池込み)
電源 ボタン電池(CR2032) 2個
生産国 中国

商品動画

【野球ユーチューバ―「クーニン」さんによる動画】

油もみ加工

  • Facebook
  • Youtube
  • Instagram