モバイル壁ネット|FMKBN-5080

通常価格 ¥5,500
通常価格 セール価格 ¥5,500
セール 在庫切れ
(税込み)
  • 商品説明
  • 仕様・サイズ

商品紹介

守備の基本を作る『ペッパー』をもっと簡単に!
“二人三脚”で守備に磨きをかけよう!!

意味のある練習をもっと簡単に!
モバイル壁ネットを使用することにより、ボールが返ってこないことが激減! さらに、ボールが当たる瞬間にネットを上下左右に傾けるだけで、どこに打球が来るのかわからない!実戦に近い形で、打球を捕る準備・集中力を習得できます!

また、スローイングに不安を抱える選手。
従来のフィールディングネットに投げ込むのではなく、ネットが“動く”から、スローイングのストレスも解消でき、守備練習に集中ができる。
実戦向きの守備力を身に付けるなら、モバイル壁ネット!

『ペッパー』って何?

守備の基本が身につく『ペッパー』
従来は、バッターの練習として、フォーカスされてきましたが、実は『守備の基本練習』でもあります。

バッターが打つから、同じような打球は来ない
⇒より実戦に近い意識で守備練習

モバイル壁ネットのポイント

①持ち手にクッション材を採用!握りやすさを実現

②軟式/硬式/ソフトボール対応

守備練習はテンポも大切!
ノックの前後で、モバイル壁ネットを使った“反復練習”を推奨。多くのユーザーに対応するべく、軟式/硬式/ソフトボール対応仕様。

③極限の“軽さ”(約1.4kg)

ノックが苦手なお父さん・お母さんでも、子ども達の守備練習の力になりたい! モバイル壁ネットは、ボールを打つ動作がないため、子ども達の守備練習にも負担なく協力ができる。
選手の苦手を克服!“親子”自宅練習でも活躍間違いなし!!

④持ち手は折り畳み式

⑤実戦の守備力が身に付く

『ペッパー』は、どこに打球が来るのかわからないため、実戦に近い守備力が身につく。本来、バッターが打って繰り返し行うものですが、バッターの技術も必要です。 ボールがなかなか守備側に返ってこないということも、学童野球ではよく目にします。 モバイル壁ネットは受球面(ネット部分)も大きい仕様のため、ボールが返らないというストレスを防ぎます。

使用方法

持ち手を両手で持ち、ボールを投げる側(以下「守備側」)に対して『正対』します。守備側がボールを投げて、ネットを持っている側がネットにボールを当てていきます。(全力投球をする商品ではございません。)
左右に角度を変えたり、上下に角度を変えることにより、多様なフィールディング練習ができます。

スローイングに少し不安がある選手も、相手(ネットを持つ側)がいるから、キャッチボール感覚でフィールディング練習ができる!

使用上の注意

  • ネットを持っている人への危険があるため、全力投球は避けてください。
  • ネット越しに投げたボールが手に当たらないよう、ネットの中心にボールが当たるように動かして使用してください。
サイズ 縦約52cm × 横約80cm × 高さ約13cm
材質 フレーム/スチール ネット/ポリエチレン
重量 約1.4kg
生産国 中国
JAN 4571258782438
詳細を表示する

Customer Reviews

Based on 3 reviews
67%
(2)
33%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
練習ギアマニア
子供の反応が最高でした

早速、チームでの練習に使ってみました。
低学年の子たちが普段飽きてしまうゴロ取りを1時間以上夢中でやってくれました。
練習に集中できない学齢の子たちには最適だと思います!

一綱
運動音痴の私でも、子供の練習に付き合える!

キャッチボールができない母親ですが、ネットのおかげで自分もまるでエクササイズをしながら子供のキャッチボールができちゃってます。野球部以外のことも楽しく使えているのですごくいい買い物でした。

さとみ
楽しく練習しています。

野球経験のない親ですが、これなら楽しく子供の相手ができて、とても良いです。角度を変えて返せるし、思ったよりも球が弾んで戻るので、普通の壁当てより反射神経が鍛えられそうだなと思いました。
ただ途中片側のネジが外れて持ち手が浅くなってしまっていました(使用初日・ネット越しに球が親指に当たって気付く・ネジも紛失)。もう片側は2週間経っても外れていないです。

こちらもおすすめ